タイと投資と時々料理と旅行

タイ人との結婚、その後の日常を綴っていきます

景気後退はいつ?

                                                                     

f:id:TOMO1212:20191229133827j:image

 

こんにちは。

 

リセッション(景気後退)についての話が、以前にもまして頻繁に出てくるようになってきましたね。

 

やはり、株などの投資をやっていると一番気になるのが、リセッションについてではないでしょうか?

自分の資産が半分とか6割とか減ると本当にもう立ち直れなくなりますよね。

市場からの退場したくなりますが、それでは本末転倒です。

 

みなさんはリセッションに向けて何か対策をとっていますか?

今、アメリカのs&p500やダウといった指数が歴代最高を更新したり日本の日経平均が年初来高値を更新するなどして、かなりの強気ムードです。

こんな状況でリセッションなんて本当に来るのか?と疑ってしまいますよね。

案外来ないのでは?と思ってるかたも多いかと思います。

こんな上昇局面で株式比率を下げるようなことをするのも愚かなことかもしれません。

しかし逃げ遅れてそのままさようなら、ということだけにはなりたくないのです

 

かの有名なウォーレン・バフェットも現金保有率を着々と増やしその額なんと1200億ドル以上とも言われております。

 

私も用心するに越したことがないと思い現金保有率を増やしていきたいところです。

 

こんな上昇局面で株式比率を下げるようなことをするのも愚かなことかもしれません。

しかし逃げ遅れてそのままさようなら、ということだけにはなりたくないのです。

もっとも、私の持つ資産なんて微々たるものですが...。

 

しかしもし本当にリセッションが起きたのなら、安く株を買う絶好のチャンスと思い、おもいっきり買っていくつもりです。