タイと投資と時々料理と旅行

タイ人との結婚、その後の日常を綴っていきます

SBIグループに囲い込まれる

                                                                     

f:id:TOMO1212:20191229133436j:image

 

こんにちは☀️

 

今日は薄々気づいていたけど、改めて感じたことについてのお話です。

 

投資を始めるようになってから、SBIグループのサービスを複数使うようになり、完全に囲い込まれたなと感じます。

 

現在、SBI証券、住信SBIネット銀行、SBI SL(ソーシャルレンディング)、SBI VC(バーチャル・カレンシーズ)という4つのグループ会社を利用しています。

 

住信SBIネット銀行経由で他のグループへの入出金手数料が無料(SBI VCから出勤は50円)になったり、ハイブリッド口座に入金されているものは、金利が0.1%と預金にしては高金利が得られたりとSBIの囲い込み商法に乗ることでなにかと重宝しております。

 

因みに奥さんは、タイへ送金する際にはSBI Remitのカードを使っています。

これは、タイフェスティバルというタイに関する催し物や出店があるイベントにいった時にSBI Remitの出張所で登録して貰ったものです。

ゆうちょ銀行のATMから送金でき、操作も簡単、手数料も比較的安いためとても便利です。

ただ、上記による囲い込みのシナジー効果はおそらく無いものと思われます。

 

囲い込み作戦がうまくいくとその企業はすごく伸びますね。

大きな経済圏を一企業が造り上げているのです。

iPhoneでないとアップルペイは使えないし、AndroidでないとGoogleのスマートスピーカーは使えません。

 

本当はプラットフォームに関係なく自由に使いたいものですが...。