タイと投資と時々料理と旅行

タイ人との結婚、その後の日常を綴っていきます

タイで結婚した時のお話(1)

                                                                     

おはようございます。

久々のタイに関するブログです。

今回は遂に私達2人が、今年の8月にタイで結婚式を挙げたときのお話です。

 

結婚式のためにまずはタイに行ってきました

 

会社から7日間の休みをいただいて、仕事終わりからの深夜便の飛行機に搭乗し、最終日の朝帰りという5拍8日(?)の日程、両親と私の3人で行って参りました。

社会人になってから12年目。

5連休ですら過去に2回しかないのに、7連休を貰うのは初めてで結婚式以上に嬉しかったです!なんて言ったら、奥さんに怒られそうですね💦

 

タイ国際航空を使ってバンコクまで行き、そこから国内線のタイ国際Smile航空に乗り継いで、彼女のいるウボンラチャタニまで行きました(彼女は3日前に他の実習生と一緒に帰国済み)。

ウボンラチャタニ航空までは、8万円以上かかりました。

一番安い時期だったのですが、彼女の実家に行く度にこれだけ払うのはけっこういたいですね💦

今後はLCCも検討してみたいと思います。


f:id:TOMO1212:20191117102601j:image

8月、タイは雨季に当たり日程中ほとんどは雨。

 

遂にタイに到着、彼女と合流

 

ウボンラチャタニ航空から、彼女と親族に出迎えていただき、彼女の実家までは車でさらに1時間30分くらい、家を出てから彼女の実家までおよそ14時間程かかりました。

 

1日目は金の結婚指輪を買い、彼女のご両親と夕食を食べて終了。

タイは金の取引が盛んで、町に2,3店舗隣接していることが普通にあります。

 

2日目は銀行で結納金を含めた結婚式代330万円程をタイバーツに両替。

本当は結婚当初に330万円くらいと言われたのですが、事前に45万円程準備のお金が欲しいと言われて渡しているのですが...。

婚約指輪の代金も合わせれば、400万円越えです...たっ、高い...。

両替は田舎の銀行に行ったため、銀行に資金が足りず時間がかかりました。

優しい行員さんの善意で近くの銀行から資金を調達してきてもらい、なんとか両替出来ました。

他のある人はウボンラチャタニ空港の近くだったらそんなに時間も手間もかからなかったということなので、比較的都市部での両替がおすすめです。

ただし、空港内はレートが悪すぎるため、おすすめできません。

 

自分は本当に結婚するんだなぁという実感が

 

結婚式の衣装屋さんに打ち合わせにも行きました。

私の衣装は上はピンクのブレザーみたいなものですが、下は民族衣装のようなものです。

本当はピンクのスラックスもありましたが、彼女にかわいいからと勧められました。

f:id:TOMO1212:20191117112142j:image

 

結婚式当日はこの衣装屋さんで化粧や衣装を仕立てていただいてから、式場に向かいます。

 

続きは、下のリンクから😊

 

www.thaiandtoushi.com