とんたんの投資日記

~タイ人奥さんとの結婚を機に投資で資産形成~

インフレの波と食料危機の時代が到来

                                                                     


f:id:TOMO1212:20200404181704j:image

 

こんにちは👋

本日、ついに東京のコロナ感染者が118人で3桁の大台に乗ったとの発表がありましたね。

爆発的感染までもうカウントダウンといったところでしょうか💦

 

世界的なインフレの波

 

拡散を防ぐために、世界各国で入出国規制や、物流の停止などが起こっており、流動性の低下によるインフレが起こると指摘され始めてきました。

 

各国国内で見ても、感染拡大を防ぐために外出の自粛やリストラ、レイオフが起こっており、経済に大きな打撃を与えております。

 

食料危機とインフレ

 

そんな中、遂に世界的な食料危機の恐れが現実のものとなっております。

自国内の食料確保の為、輸出制限が始まっております。

日本農業新聞 - 新型コロナ拡大で食料生産国 自国優先し輸出制限

 

制限の仕方も国によって様々なパターンがあります。

ロシアが小麦の輸出を6月まで上限700tとする数量制限を掛けたり、カザフスタンのように4月15日まで小麦の輸出を禁止するという期間制限をしたり、ベトナムのように米の新規取引を行わないなど、取引先を増やさない対応をとっていたりします。

 

いずれにせよ、今のところは限定的な輸出規制であり、輸出業者の反発もあって、完全にストップさせる動きはにはまだまだ至っておりません。

しかしコロナが長期化して、どんどん各国が内向きになっていくと1929年の世界大恐慌後に起きたブロック経済に似た政策をとって行かざるを得なくなるかもしれません。

https://biz.trans-suite.jp/25214

 

今回の場合は外国からのコロナ拡散防止と、自国の食料供給を守るためであり、当時の時とは様子が大きく違いますが...

 

インフレが今後じわじわと起こってくることは間違いありません。

どこまで物価が上昇していくかは分かりませんが、私たちにとって苦難の時代となりそうです。

 

コロナの早期終息と経済の早急な立ち直りを祈るばかりです。