とんたんの投資日記

~中長期投資と信用枠の短期・スイングで資産形成~

今日から2日間!米国でFOMC

                                                                     

おはようございます☀️
だんだん暑くなってきましたね。
暑さに負けないように頑張りましょう!

株式のアノマリーで、6月は軟調になるっていうのがありますよね?
しかし、今のところ軟調どころか好調。米国の S&P500なんかはFOMC(米連邦公開市場委員会)という重要イベントの前に関わらず最高値を更新。上がる予感しかしない😂

軟調になるのは後半からということもあるけど、FOMC無風で通過したら取り敢えず上じゃないかな?と思うくらいです。 所詮アノマリーだからなぁ。 金融緩和中だし。

逆にFOMCを無事通過できなかったら、軟調どころでは済まずにかなり下げそうな気もしますが...。

アメリカは一回目のワクチン接種率が来月に70%を超える予定です。70%というのは集団免疫獲得ラインの目安ともされており、以前、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長は少なくともこのラインを越えるまでは金融緩和縮小は行わないと言っていたと思います。
従って 今回は先にそれとなく、やんわりと金融緩和縮小を示唆することもありえるかもれませんね。
問題は失業率ですが、5月の失業率は5.8%でした。
だいぶ雇用が戻ってきましたが、コロナ前の水準とFRBがこだわる4%以下という水準にはまだまだです。この点がどうなるかですね。
注目の6月FOMCは15日~16日。発表は日本時間17日の未明です。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-05-04/QSLIICT0G1KW01
f:id:TOMO1212:20210615162832j:plain
https://m.finance.yahoo.co.jp/fx/economicIndicatorDetail?id=9031

米国株やってないやつは情弱なんてTwitterではよく言われますが、米株人気はここ数年のこと。
相場には波があります。 1970年代には長期低迷。「株式は死んだ」とまで言われました。

長期低迷前の70年代初めに、ニフティ・フィフティ(素晴らしい50銘柄)と呼ばれた大型優良株が急騰するバブルが発生していました。
今回のバブルの先は一体どうなるでしょうか?

GOOD BYE!