とんたんの投資日記

~中長期投資と信用枠の短期・スイングで資産形成~

【危険!?】株式投資

                                                                     

おはようございます。

投資家の約8割は損をしているとはよく言いますね。

確かに株式投資は経験の少ない株を始めたばかりの頃は、株価の変動の恐怖で高く買って安く売ってしまっていた気がします。
あとは大きく損を出した時に売ってしまったり、少しの利益でホッとして即売ってしまったり。損小利大ならぬ、損大利小ですね。


株は世間一般ではギャンブルだと思われていたりもします。
確かに時にはそういう一面も見せてくれますが、それはやはり株についての勉強もせずにあまり深く考えないで投資を始めるからでしょう。

投資の神様であるウォーレン・バフェットは「よく分からないものには投資をするな」と言います。
投資のこと事態がよく分からない場合にはそもそも投資をしない方がいいのかもしれません。


しかし、それでも経験を積まないことには上達しません。

損してもいいように、最初は経験を積む為の授業料程度のお金を使って勉強をしながら少額投資をしてみるのいいでしょう。
最初は大抵みんな損を出してしまうものなので、少額で初めて損を抑えるという方法が投資の世界へスムーズに入っていけるやり方だと思います。


勉強は投資を続けていく限りずっと必要なことです。
日々マーケットの流れや企業の状況が変わっていきますから。

そもそも株式投資というのは買った株の企業の経営権の一部を買うということでもあります。
だから、普段している仕事するのと同じように日々勉強、日々トライアンドエラーをしていくのが良い結果を出していく近道だとも言えますね。


それでも、勉強はめんどくさい!という方はやはりいろいろな会社の株をパッケージ化して丸ごと買うことのできる投資信託やETFがお勧めです。

世界の人口が2050年頃までは増えていくと言われておます。
人口が増えれば消費も増えて経済も右肩上がりに上がっていくと期待されますね。


世界市場全体の動きを表す指標に合わせて投資をしてくれる世界株式インデックスファンドに投資をして、あとはあまり気にせずに長期間ほったらかしておくと良いです。

値動きが気になることも少なく、ほぼ失敗することもなく、気づいたらいつの間にか資産が増えていると思います。

もちろん、リスクがあることには代わりが無いので生活資金まで突っ込むようなことはご法度で。


どのくらい儲かるかですが、世界株式インデックスファンドの平均リターンが年4%程言われております。
もちろん将来もずっとそのような結果になる保証はありません。

しかし、仮にこのファンドの投資信託に100万円預けて運用していけば、偉大な複利の力も相まって30年後には元本の約3.2倍、約320万円に増えていると期待できます。

個別株で成功を納めるよりも増えなさそうだな?と思うかもしれませんが、こちらは買ってから全く何もいじらず、ただそのまま忘れていても勝手にお金が増えていってくれるのでコスパ最強ですよね!

それでは、次回までごきげんよう!

GOOD BYE!