とんたんの投資日記

~中長期投資と信用枠の短期・スイングで資産形成~

無理はしない投資

                                                                     

おはようございます!

韓国では若者の4人に1人が仮想通貨に投資をしていて、レバレッジかけて破産!なんて人も続出しているという記事が出ましたね。
レバレッジはやはり超、超、超、キ・ケ・ン😭

しかし、タイミングと倍率さえ気を付ければ資産の増加を一気に加速させるいい制度であることには違いありません。
高値圏と思われるところや下げトレンドの時に高倍率でレバレッジをかけないなど、リスク管理が十分できれば問題ないと思います。

しかし、投資を始めたばかりの初心者はこの管理がまた大変なんです。
いざルールを決めたてもこのルールがなかなか守れない、笑。
だから、なれるまではレバレッジなんておよしなさい!ってなるんです。

世の中にはレバレッジなんて使わずに20年くらいの年月を掛けて、中・長期投資でも元本の100倍つまり100万円を1億円にするような人もいるように十分なリターンを得ることも可能です。
最もここまでのリターンを叩き出すには比較的ボラティリティ(株価の変動幅)の高い小型株なんかに投資をすることになるので、ハラハラする瞬間も多々あるとは思いますが...。
まあ借金をしない分、元本よりもマイナスにならないため、レバレッジ過剰掛けよりは遥かに安全な投資方法だとは思いますね。

もし挑戦するなら、自分には才能が無いものと思って、自分の作ったルールを忠実に回していけるようになってから挑戦していくのがベストですね。

あと、分散投資は大事。
集中投資の方が儲かる、これもまた事実ですがそれはその銘柄がたまたまはまったにすぎません。儲かる銘柄は逆にそれだけ株価が下がるリスクも同時に含んでいるのです。
集中投資も結局は決算書が読めたり企業分析ができたりして、その銘柄に絶対の自信を持てる人、そして万が一見立てが違った場合には迷わず損切りできる人でないと大きく損をする原因になってしまいます。

投資の神様、ウォーレン・バフェットが「とにかく損をするな、儲けるのはそれからだ」と言うように大きな損さえしなければ着実に資産を増やせますし、退場することも無く投資を継続できますね!

それではみなさん、GOOD BYE!